ヴァイオリニスト 杉江洋子 オフィシャルウェブサイト

Profile

profile2.png

   杉江洋子(ヴァイオリン)  Yoko SUGIE , Violin


京都に生まれ、母の手ほどきを受けヴァイオリンを始める。子どものためのバイオリンコンクール金賞受賞。全日本学生音楽コンクール高校の部西日本大会第1位。第1回宝塚ベガコンクール入選。2004年かやぶき音楽堂デュオコンクール審査員特別賞受賞。京都市立京都堀川音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部卒業。1993年より神戸室内合奏団団員をつとめ、1997年同大学大学院修士課程修了。スペイン・マドリッドに在住した後、2000年より大阪センチュリー交響楽団(現・日本センチュリー交響楽団)の第二ヴァイオリン次席奏者、2010年5月より京都市交響楽団第二ヴァイオリン副首席奏者。

2003~2005年には同志社女子大学、2012年4月より京都市立京都堀川音楽高等学校で後進の指導にもあたっている。

京都フランスアカデミーにて、故ジェラール・ジャリ氏に、室内楽をクリスチャン・イヴァルディ氏に、スペイン(サンタンデール)レイナ・ソフィア夏期セミナーでは、ホセ・ルイス・ガルシア氏のマスタークラスを受講。リッカルド・ブレンゴラ、ザハール・ブロン、ジョージ・パウク、トーマス・クリスティアン、ズビ・ザイトリン、四方恭子各氏の指導も受けており、これまでに尾島綾子、橋本寿子、浦川宜也の各氏に師事。室内楽を岡山潔、林俊昭、故・田中千香士の各氏に師事。

藝大室内楽定期演奏会、東京藝術大学同声会主催「新卒業生演奏会」に出演。大学院在学中には、音楽評論家故・長谷川武久氏によるレクチャーコンサートにて全国各地で演奏した。これまでにソリストとして、藝大フィル、テレマン室内管弦楽団、伊丹シティフィル、京都祝祭管弦楽団、ヒビキミュージックオーケストラ、龍谷大学管弦楽団などとも共演しており、また室内楽にも積極的に取り組んでいる。

2013年1月に行われたヒビキミュージックオーケストラとのチャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲、リムスキー=コルサコフ/シェヘラザードのライブ録音がCDリリースされ、好評発売中。
公式サイト/yokosugie.com


Photo
1.jpg



2.jpg



3.jpg



4.jpg



5.jpg



6.jpg



7.jpg




a:5106 t:7 y:7

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional